«前の日記(2016年04月08日) 最新 次の日記(2016年04月12日)» 編集

一往確認日記


2016年04月11日 [長年日記]

_ guiflowという画面遷移図を作れるツールがすごい

hirokidaichiさんがQiitaでもう保守されない画面遷移図は嫌なので、UI Flow図を簡単にマークダウンぽく書くエディタ作ったというのを書いていて、それが素晴らしいので紹介します。

私は全く知りませんでしたがUI Flowsというのがあるそうです。*1

そのUI FlowsをMarkdown風のテキストで書けるguiflowを作ったということです。 Macならguiflowはgithubからダウンロードするとアプリがその中に含まれてますのですぐに試せます。

https://github.com/hirokidaichi/guiflow

例えばこんなテキストが

[起動画面#]
タイトル
バージョン
---
==>メイン画面


[メイン画面#]
生産情報
---
手動ボタン
==>手動画面
---
={運転開始で}=>自動画面

[自動画面#]
運転状態表示
生産状況表示
---
={運転停止で}=>メイン画面

[手動画面]
---
シリンダーボタン
==>シリンダー操作画面
ロボットボタン
==>ロボット操作画面

[シリンダー操作画面]
---
ストッバー上昇ボタン
ストッバー下降ボタン

[ロボット操作画面]
現在座標表示

この様な図として出てきます。

すごくないですか。

タッチパネルの画面構成の検討にも使えると思います。 作成指示書としてもつかえそうですよね。

irBoardの画面構成を考えるのにもつかえますね。

Tags: irBoard

*1 さすが Ruby On Rails の 37signals