«前の日(09-26) 最新 次の日(09-28)» 追記

一往確認日記


2016年09月27日

_ treeコマンドでドキュメント作成に役立てる

ドキュメントフォルダーの構成を書く場合に、+や-、|、/を使用して書くことがあります。 正直うまく書けません。 フォントの関係でずれてますが、下の様な感じ。

/--- README.md
+-+- Sample
    +-- Main.c 
    +-- Makefile

Windows

そしたら、Windowsではtreeというコマンドがあることがわかりました。 /Fを付けないとディレクトリ名のみになってしまうので/Fを付けます。 こちらを参照しました

tree /F

こんな感じになります。

Mac

それでMacはどうかというと残念ながらデフォルトでは入っていません。 しかし、Homebrewを使用するとインストールできます。 (Homebrew自体のインスートルは公式サイトを参照してください。)

brew install tree

実際に試すと下の様になります。 Windowsより綺麗な感じに出力されました。

Tags: tips

2018年09月27日

_ IoTに対応したirBoard 1.7がリリースになりました。データロガーとして機能。

IoT対応という事でia-cloudの規格に沿ってデータを送信するという機能は今までもありましたが、何をどのタイミングで送るかという設定が大変であったり、そもそもクラウド側に受信できるサーバーを用意する必要があるという壁がありました。

IoT対応の第一弾*1として、アンビエントデーター株式会社が提供している Ambientサービス ( https://ambidata.io ) にデータをアップロードできる ように対応しました。

以前Ambientを紹介した時があるのですが、

Ambient - 一往確認日記(2018-05-14)

実はそれは布石で、その時からAmbientとの連携を画策していました。

Ambientと連携した事で、温度や電流、電圧、生産数などのデータをアップロード できる様になります。

具体的な設定などはこちらのドキュメントに記載しています。 http://irboard.itosoft.com/document/ja/iot/ambient.html

IoT対応第二弾も構想中です

他の変更点として、新しく発売になった iPhone XS、iPhone XS Maxの 画面サイズに対応しています。

内容は重複している箇所もありますが、メルマガの方もご覧ください。

伊藤ソフトデザインの孫の手ツール [まぐまぐ!]

irBoardサポートサイト

*1 ia-cloud対応は第0弾としています