«前の日(10-13) 最新 次の日(10-15)» 追記

一往確認日記


2016年10月14日

_ 回復ドライブには最小限のサイズのUSBメモリを使いましょう。

Windowsの環境が整いました。

あとは万が一に備えて回復ドライブを作成しようと思うのですが、検索するとDVDに作成しそれからUSBメモリに書き直すことをしないとUSBに作れない様な内容が多く、実際やろうとするとDVDを入れてくださいとなって、DVDドライブがないモデルなので半ば諦めていました。

ところが、DELLのSupportAssistというのがこれしましょう、あれしましょうと提言してきて、その中に回復ドライブを作りましょうというのもあり、起動してみるとダイレクトにUSBメモリに書き込みができる様です。

改めて検索すると「システム修復ディスク」と勘違いしていた様です。

回復ドライブ兼、データやりとり用として準備していた128GBのUSBメモリーを使用しました。
が、32GBのパーテーションが切られ、残りの96GBは未割り当て領域になっていてフォーマットができず使用できません。
DISKPARTコマンドを使ったりして、残りも有効になる様に色々試しましたがだめでした。
どうやらWindowsではUSBメモリーに複数のパーテーションを作成することができない様です。

128GBを使用するのはもったいないので、改めて回復ドライブ専用に購入することにしました。
SupportAssistでは16GB以上とありましたが、じっさい切られたのは32GB だったので32GBのものを注文しました。

サンディスク CRUZER BLADE 32GB USB FLASH DR

Macの場合はネットからブートしてインストールすることができるので回復ドライブなど不要なのですが、Windowsはそうはいかない様ですね。