«前の日記(2017年03月06日) 最新 次の日記(2017年03月17日)» 編集

一往確認日記


2017年03月07日 [長年日記]

_ Ladder Driveでデバイスの読み書き

PLCのテストについてです。

この間 Escalator 改 Ladder Drive でPLCのテストというような事を書きました。

Ladder DriveはPLCのデバイスの読み書きができます。
この機能を利用してテストをしようという試みです。

Ladder Drive gemをインストール済みとして進めます。
まだの場合はこちらを参考にインストールしてください。

下のRubyプログラムで三菱電機製のPLCとMC Prortocolで接続しbitデバイスの読み込みができます。

read.rb:

require 'ladder_drive'

@protocol = LadderDrive::Protocol::Mitsubishi::McProtocol.new host:"192.168.0.10"

m1000 = @protocol.get_bit_from_device("M1000")

puts "M1000: #{m1000}"

1行目はLadder Driveを読み込んでいます。

2行目はPLCと接続するための物で192.168.0.10が接続するPLCのIPアドレスになります。

3行目のget_bit_from_deviceでM1000の値を読み込んでます。

4行目で結果を表示しています。

実行するとfalse(0)であることが表示されました。

$ ruby read.rb 
M1000: false

書き込みはset_bit_to_deviceを使用します。

m1000 = @protocol.set_bit_to_device(true, "M1000")