«前の日(03-03) 最新 次の日(03-05)» 追記

一往確認日記


2016年03月04日

_ 今月の読書

金がないなら頭を使え 頭がないなら手を動かせ: 永江一石のITマーケティング日記2013-2015 ビジネス編(永江一石)

irBoardは営業力がないので、ネットで何とかしようと頑張ってますが、この本を読むとネットでは全く意味がなくて、むしろネット以外で頑張った方がいいみたいです。 TVや雑誌で紹介されれば別でしょうが今の所そんな問い合わせはありませんので…

共同購入みたいに、買いたいという人が10人集まったら割引セールしますよ、という様なアイディアは浮かんでたんですが… クラウドファンディングは金額を決めて達成したらリターンをしますが、人数が達成したらリターン(割引)をするというのは悪くないなと思ったんですよ。

irBoardを購入したいが高くてなかなかという方で上の案に興味を持った奇特な方はご連絡ください。

サイトに訪れる人がそもそ少ないので、現時点ではあまり効果が見込めないかかなと思ってます。

著者の永江さんのブログはこちらの様です More Access! More Fun! | 永江一石のITマーケティング日記

Tags: book irBoard

2018年03月04日

_ irBoard Player for Device がirBoardシリーズの仲間入りをしました

今年になってから最初の投稿ですね。 本年もよろしくお願いします。

メルマガの方には書いてますが、2月1日にirBoardシリーズに irBoard Player for Device が新たに仲間入りしました。

irBoardはiPadやiPhoneをPLC(Programmable Logic Controller)向けの、タッチパネルディスプレイとして利用できるiOSアプリケーションです。

今までのアプリはApple IDと紐づいた形でインストールすることが前提でした。 1アカウントで10台までインストールできますが、それ以上で使用したい場合は複数のアカウントを用いる必要があり、導入の際に敷居が高いと感じられている方もいたのではないでしょうか?

irBoard Player for Deviceは irBoard Player と同様 タッチパネルとして実行のみに機能を絞ったアプリです。 irBoard Player for Deviceはデバイスと紐づける形でインスールスする事を前提としている点が異なります。*1

irBoard Player for Device はCustom B2B アプリとしてリリースしていて、Volume Purchase Program からの購入になります。 Volume Purchase Program用のApple IDを作成し、そのアカウントを教えていただけると購入できる様になります。 詳しいことは問い合わせいただければと思います。

画面の作成はirBoardで行い、運用時には irBoard Player for Device (iOSデバイス1台あたり__9,800円__ ) を用いる事で費用を抑えることができます。

irBoardサポートサイト Apple - ビジネス - ビジネス向けのVolume Purchase Program

Tags: irBoard

*1 今までもデバイスと紐づけても良かったのですが、費用面で不利になりました

本日のツッコミ(全2件) [ツッコミを入れる]

_  [irBoardのページが見られなくなっています?]

_ かつよし [ありがとうございます。復旧しました。]